読書感想文とiPad

今日は、朝からiPad講座の調整でばたついておりました。LCCおそるべし!飛行機欠便おそるべし!!!

色々予定を変更して、家で仕事をすることに。チラシ、ショップカード、メニュー表の修正などなど。

途中、息子の読書感想文をみる。仕事柄、「これは感想文なんかじゃない!ただ、本を書き写しただけじゃん!」と怒ってしまい、息子を泣かす。すまぬ、息子よ。でも、親が厳しくしないといけないのだ…。

私の母は、超〜厳しくって。夏休みの宿題ではかなり泣かされた。頑張ったつもりの「文字のけいこ」を「汚い!」とすべて消されたり、絵画ができてないからと家に入れてもらえず泣きながら外で絵を描いたり…。自由研究も、雨の日も風の日もセミの観察に出かけた…。

死ぬほど厳しかったけれど、そのせいで自己肯定感が低いまま大人になったけれど(今はめっちゃ自己肯定しとる)。

おかげで、「私みたいな凡人は努力しないと上がれない!」という謎のガッツがうまれた…。そしてめちゃんこ打たれ強いメンタルマッチョに育った。

子どもの頃は「絶対お母さんみたいな母親にはならない!」と憤慨していたけれど、大人になってから母の教育のおかげでここまで来れたなーって思う。

私は、仕事に没頭するあまり、息子の勉強とかはあまり見てあげれてないという自覚がある。その分夫が向き合ってくれている。オットの伝え方は的確で思いやりがあると思う。私は少々感情的だと思う。少し反省しつつ、でも厳しく!という方針は変えないつもり。

ちなみに、夫が買って来てくれたアイスで仲直りしました。

夕方、ドラッグストアでオムツと歯ブラシ、

某スーパーで食材を買う。

某スーパーにはほとんど行かない。なぜなら、肉がほぼ外国産だから買う気がしない。

豚バラがドイツ産のしかなくてびびる。ドイツ産ってはじめて見たかも。無料の野菜コーナーもある。シュールすぎる。

焼きそばを夫がつくってくれて、急いで食べる。

19時からiPad講座。めっちゃ楽しくてあっという間だった。

メモを褒められて嬉しかったんだけど、メモが撮りやすいのはことみさんが体系立てて話をする人だからだと思う。

取材でもそう。

話があっちこっち行く人と、きちんと体系づけて話す人とでは、

アウトプットのしやすさが全然違う。

「次はこう来るなっ!」って読めるのは、話し方が上手な証拠だと思う。

そして、配信もめっちゃスムーズだった。

それは、普段からライブ配信をされてるからだと思う。

私はライブ配信…ぜんぜんワカラン。

挑戦してみたい。

講座の後、チラシ修正、明日のことでやり取りなど。もうあっという間に日付が超えてる…。

明日は5時半にはおきたいなー

起きられるかなー。