「お金と時間をかんがえる」開催レポ 〜費用対効果との付き合い方〜

2020年8月21日、オンラインで「お金と時間をかんがえる」というイベントを開催させていただきました!

今回のブログは、そのイベントのレポ!
いわしーちゃんの可愛いグラフィックとともにお届けいたします♪

野望を叶えるために、考えること。

今回の講師は、ファイナンシャルジャパン(株) の村井千里さん!2014年まで銀行員をしていて、今はファイナンシャルプランナーとして独立して活動されています。

今回は、参加者それぞれが「野望を叶えるため」の考え方を身に付けるために、
時間・キャパシティ・費用対効果・倹約と節約の違いなどなどについてお話ししてくれました。

今、時間やお金のキャパシティを100%と例えると、
多くの人が、その90%を生活にかかるお金や時間に費やし、残りの10%が余裕資金や余裕時間だと言われています。

さて、この数字を見た上で、みなさん書いていただいてきた「野望ノート」の中から
(野望ノートの書き方はこちらをご参照ください♪)


「これは確実にできそう!」というものはありますか?また、100%でなくても、何%ぐらい叶えられそうですか?

そして、叶えるためにハードルになるものは何なのでしょうか?

たとえば、Aさんは「時間はあるけれど、片付けが苦手・・・。片付いているキレイな家に住みたい!」という野望があります。

Aさんは、「片付けが苦手」という自分の性格のせいで家が片付かないと言われていましたが、村井さんいわく、「性格の問題ではなく、Aさんのキャパシティを越えているから!」とのこと。

では、そのキャパを増やすためにはどうすればいいのでしょう?

「叶えたいこと」に対して足りない「余裕資金や時間(ゆとり)」を埋めるためにはどうすればいいでしょう?ゆとりを増やすためには、どうすればいいでしょうか。

「費用対効果」の考え方

みなさん、「節約」「倹約」という言葉は知っていると思いますが、その違いをご存知ですか?

●「ゆとり」と「息苦しさ」、どちらを強く感じるか
●長く続けられるか
●労力がかかり続けるか

この違いにあります。

「ゆとり」を感じられて、長く続けらるのが「節約」、
「息苦しさ」があり、労力がかかり続けるのが「倹約」です。

できれば「節約」でゆとりを増やしていきたいですよね♪

節約の方法としては大きく、この2つが挙げられます。

1.支出(固定費)を見直す
2.費用対効果について考える

1.支出の見直しとして、代表的なものは、携帯電話(格安スマホ)やクレジットカードの上限額を下げるとか、保険や通販の定期購入を見直してみるとか・・・が代表的だと思います。

毎月1万円の携帯料金を4000円のものに変えたとしたら、毎月6000円の差額。これを何年も続けていくと大きな結果となります。

ポイントは、「大きな支出のもの」から見直しをすることです!

2.費用対効果は、「実行・投資をしたものに対して長く効果が持続して、みなさんの生活にゆとりをもたらすこと」を指します。

たとえば、スポーツウェアとランニングシューズを買ったとして、毎日1時間ウォーキングをするとします。ウェアをそろえるのには1万円ぐらいかかりました。それで、1年間運動したとします。健康診断の数値が下がり、また60〜70歳になっても50メートル泳げたり、フルマラソン出られる体力を手に入れたとします。

そう考えると、最初投資した1万円は何十倍の効果をもたらしてくれるのがわかりますよね♪

「費用対効果」の考え方として大事なのは、長期目線で考えることです。
目先の「安さ」とか、「時間がかからない」とかに惑わされてはいけません。

100円のカップ麺食べ続けたら、時間もお金もかからないけれど、体はボロボロになってきますよね。
ちょっと高くてもオーガニックフードを摂取し続けていたら・・・将来病院に行かなくていい体になるかもしれません。

他にも、赤ちゃんのミルクづくりで忙しいお母さんが、
ウォーターサーバーを買って、時間と心の余裕ができた!とか・・・そういう例も挙げられます。

初期投資や月々の費用がかかっても、それで人生のキャパが増えるなら、それに越したことはないですよね♪

家の中でできる見直しは?節約と時短ポイントを探そう

今のコロナ禍・・・お家で過ごす時間がぐんと増えたと思います。これから、どのぐらいの時間を家で過ごすごかを考えたうえで「費用対効果」を見据え、お家時間をもっと快適にする工夫をしてみませんか?

たとえば、エアコンの掃除。エアコンは、ずっと使っているとハウスダストやカビが溜まってきます。そうすると、電気代もかかります。エアコンが理由の健康被害の報告もどんどんされているようです。

それを防ぐために2〜3年に一回、1万円ぐらいかけてお掃除すると、電気代を押さえ、エアコン本体も長持ちしますよね!

ほかにも色々あります。
食洗機は、食器洗いの時間を短縮できて、時間の余裕がうまれるアイテムです。浮いた時間で、家族との時間、読書などの趣味の時間に費やすこともできますよね。

熱交換気システムを取り入れると、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせて、ヒートショックを防げたり、エアコン代も下がりますよね。

私が最近購入した、ガス乾燥機「乾太くん」も同じです。

初期費用や月々のガス代はかかっても、天気に左右されることなく、「洗濯物を干す」という家事がまるまるなくなり、家族全員でTVをみながら洗濯物を畳み、家族の時間が増えました。

そんな感じで、初期費用はかかっても、長期的な目線で見ると、時間とゆとりって増やせるんですよね♪
お金や時間を育てていくのに、一番大切なのはのは「長期目線」でゆとりを増やすことです。

ゆとりが増えると、新しいことに挑戦できる。
「野望」を叶えることができる。


そんなことを、村井さんから教えていただきました。
村井さん、ありがとうございました!

9/6(日)野望ノートをつくるワークショップ

今回の参加者さん限定で、素敵なワークショップが開催されます!

村井さんが先生となり、「野望ノート」を一緒につくるというワークショップ。iDeCoやNISAにも活用出来る、簡単なマネーゲームもできるそうですよ〜。

開催場所は、費用対効果のいい健康住宅をつくっているKOYO-興陽商事の松山ショールーム。

キッズスペースも充実しているので、お子様連れでも安心してご参加できます♪ みなさまお気軽にお申し込みくださいね。

また楽しい企画をしていこうと思います。
リクエストがあれば、コメント欄などで教えてくださいね。

この記事を書いた人

大木春菜

愛媛のフリー編集者・ライターです。
「編集の力でファンをつくる」をテーマに、SNSなどを駆使して大切な人やお店のファンをつくるお仕事をしています。